ノーザンクロス

ゴールデンウィークの休業について

株式会社ノーザンクロスは2017年4/29(土)~2017年5/7(日)営業をお休みします。詳しくはこちらからご覧ください

Category

Archive

Loading

10/19(水)からスタート!特集「北海道のお土産」、まちぶらNAVI「八雲町」毎週水曜日更新中

vol33_top_slide01北海道マガジン『カイ』2016年秋号 vol.33が、本日10/19(水)からスタートします。
毎週水曜日の朝10時の最新記事更新をお楽しみに。
http://kai-hokkaido.com/

また、今号から、トップページを中心にサイトのレイアウトをリニューアル。最新記事に、よりアクセスしやすい「カイ」をよろしくお願いいたします。

◎特集「北海道のお土産」
北海道のお土産といえば、みなさんは何を思い浮かべるでしょうか。
今号の「カイ」では、「お土産は土地の自画像である」という切り口から、個性的な光を放つ北海道の土産を探しに出かけ、北海道のいまを旅してみようと試みました。さあ、北海道を持ち帰ろう!

◎まちぶらNAVI vol.3 八雲町「日本海と太平洋を結ぶまちは、日本でここだけ。」
ふたつの海と山の幸に恵まれた道南のまち、八雲町。知れば知るほど興味が広がりそうです。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

9/11(日)第10回「びっくり野菜市 農家さんからの産地直送」を苗穂で開催

160911_naebo苗穂駅周辺まちづくり協議会主催の「びっくり野菜市」が、第10回を迎えます。
今回も、農家さんからの野菜がたっぷり。
にんじんのお楽しみ詰め放題や、長野の縄文おやき、苫小牧さん焼きホッキの屋台も。
雨天決行です。どうぞお揃いでお寄りください!

日時:2016.9/11(日)10:00-13:00
場所:苗穂駅前温泉 蔵の湯 北側特設会場
(札幌市中央区北2条東13丁目)
※駐車場があります
販売されるもの:
・朝もぎとうきび、大根、じゃがいも、キャベツ、びらとりトマト、カボチャ、タマネギ、白菜、にんじん、びらとりトマトジュース「ニシパの恋人」 など
・長野の「縄文おやき」
・苫小牧さん「焼きホッキ」
※商品の配達はしません
※万日品切れの場合はご容赦ください

主催:苗穂駅周辺まちづくり協議会(中央区苗穂連合町内会・東区苗穂町内会)
お問い合わせ先:TEL.011-792-6777

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

7/20(水)から毎週水曜日公開!特集「ジオパーク。北の大地への旅」、まちぶらNAVI 名寄市 「そして、『もち米』で生きていくことを決めた。」

北海道マガジン『カイ』2016年夏号vol.32 を、7/20(水)から公開開始します。
ぜひ、PCやスマホ&タブレットにて、サイトをブックマークしてご覧ください!
毎週水曜日朝10時に、記事が順次更新されます。
http://kai-hokkaido.com

◎特集「ジオパーク。北の大地への旅」
vol32_特集バナー
北海道マガジン「カイ」では、北海道博物館で開催中の特別展「ジオパークへ行こう!」と連動して、ジオパークをテーマに特集を組みました。

北海道の地を、太古からの大地のなりたちという、地理的にも時間的にも大きな軸で見ることで、目の前の歴史や地理の枠組みを超えてとらえ直してみよう、という試みです。その土地の暮らしや産業といった人々の営みを「ジオ」というフィルターを通すことで、土地の物語があざやかに浮かび上がってきます。
「ジオパーク」展とともに、「カイ」の記事で時空を旅してみませんか。

◎まちぶらNAVI vol.2名寄市「そして、『もち米』で生きていくことを決めた。」
machi_top

「もち米」の作付面積が日本一の名寄市に、どのような人が暮らし、ここではどのような営みが行われてきたのか。
このまちならではの話題とともに、今回も魅力的な人々が続々登場します。グルメ記事、夏冬のアウトドアなど、みなさまの旅行にも役立てていただけそうです。

———-
▼北海道マガジン「カイ」
http://kai-hokkaido.com
・株式会社ノーザンクロスが編集・運営する、北海道の魅力をお伝えするウェブマガジンです。
・毎週水曜日、午前10時に更新
・3カ月ごとに特集テーマを組み、更新日に順次アップするスタイルです。
———-
▼メルマガ登録はこちらにお名前を入れてメールにてお申し込みください。
kai-mm@northerncross.co.jp
「カイ」スタッフから、基本的に毎週メールで更新情報などをお届けいたします。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

夏至の日は、「さっぽろキャンドルナイト2016」

dd_scn_160610夏至の日に「電気を消して、スローな夜を」過ごしていただこうと呼びかけている「さっぽろキャンドルナイト」が今年2016年も開催されます。

札幌市を中心に近隣のまちでも、夏至の日を中心にさまざまな催しがおこなわれます。6/1からすでにキャンドルイベントがはじまっています。みなさまも、催しへの参加や、ご家庭やお勤め先での消灯で、参加しませんか。
くわしくは、オフィシャルサイトをご覧ください。

さっぽろキャンドルナイト2016
http://www.sapporo-candle-night.com/2016/

Twitter
https://twitter.com/scandlenight

Facebookページ
https://www.facebook.com/sapporo.candle.night

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

4/20(水)10時、北海道マガジン「カイ」がWebマガジンとしてスタート

kai31_cover北海道マガジン『カイ』2016年春号vol.31の特集は、「函館楽を奏でよう!」。

この春、北海道新幹線が開通して、津軽海峡の両側のまちが注目を浴びています。その北海道側のまち函館を、少し長い時間軸で俯瞰したとき、この「境界都市」からどんなことが見えてくるのかを探しに出かけました。今回は、博物館、縄文、そして函館の人をテーマに取材しています。

新企画「まちぶらNAVI」は、「カイ」と北海道アルバイト情報社さんとのコラボ企画です。毎号ひとつのまちにフォーカスして、仕事、モノ、ヒトなどの視点から、カイ的にまちのぶら歩きをナビゲーション。初回は、平取町をご案内。

季刊の雑誌スタイルはそのままですが、最初にすべて公開するのではなく、2カ月ほどかけて順次記事をアップしていき、じっくりと記事をお読みいただけるような更新スケジュールになっています。

新しい「カイ」のコンテンツは、4/20(水)より水曜日ごとに順次アップします。
どうぞ、ご自宅や電車の中、職場の休憩時間など、さまざまな環境で、ごゆっくり「カイ」をお楽しみください。

http://kai-hokkaido.com (4/20以前は雑誌のサイトになっています)

メルマガ登録はこちらにお名前を入れてメールにてお申し込みください。
kai-mm@northerncross.co.jp
「カイ」スタッフから、基本的に毎週メールで更新情報などをお届けいたします。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+