ノーザンクロス

ゴールデンウィークの休業について

株式会社ノーザンクロスは2017年4/29(土)~2017年5/7(日)営業をお休みします。詳しくはこちらからご覧ください

Category

Archive

Loading

3/11(金)「雪がつなぐスポーツと異文化」vol.1アートとつながる

160311_snow新しい札幌の楽しみ方を見つけるフォーラム「雪がつなぐスポーツと異文化」を、3月11日にチ・カ・ホで開催します。スキー、アート、大学、それぞれのジャンルのスペシャリストがウィンタースポーツと雪の未来を語り合うセッションです。「新しいまちの楽しみ方、可能性を見つけに、みなさん来てみてください!」

「雪がつなぐスポーツと異文化」vol.1 アートとつながる
日時:2016.3/11(金)18:30-20:00
会場:Sapporo north2(札幌駅前通地下歩行空間北2条東広場)
<スピーカー>
・漆崇博(一般社団法人AISプランニング代表)
・DAIGO(プロスキーヤー/映像作家)
・須之内元洋(札幌市立大学デザイン学部助教)
・山本理人(北海道教育大学芸術・スポーツ文化学科教授/札幌市「冬季オリンピック・パラリンピック開催概要計画検討委員会」委員)
・東原文郎(札幌大学地域共創学群准教授/Snow Links Sapporo実行委員長)
<モデレーター>
・堀直人(編集者/Snow Links Sapporo副実行委員長)

▼詳細・お問合せはSnow LINKS Sapporo
Facebookページまで

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

「考えてみよう、こころのこと、いのちのこと。 」札幌市手稲区保健福祉課制作の地域密着型自殺対策事業に基づく啓発動画

札幌市手稲区保健福祉課制作の地域密着型自殺対策事業に基づく啓発動画です。「考えてみよう、こころのこと、いのちのこと。」をテーマに、人生の様々な場面におい­て思い悩んだとき、自分は、周囲は、どうしたらいいのか?考えを促す目的で、札幌市手稲区と北海道科学大学放送芸術部との協働で制作された映像です。

ノーザンクロスは、企画検討のワークショップ運営や、3/7(月)手稲駅自由通路のスペース「あいくる」で開催された動画発表会の司会を務めました。

この動画は、北海道科学大学放送芸術部の学生さんが同大メディアデザイン学科講師の倉本浩平先生の指導により作られたものです。

2分間の短い動画ですが、誰もがちょっとしたきっかけ・環境の変化で自殺を考える・そこに至る可能性があること、シグナルに気づいてあげること・声をかけてあげること、悩んだら誰かに相談することの大切さを、しっかりと訴えかけるストーリーになっています。

YouTubeにアップされていますので、ご覧になり、多くの方に目にしていただけるようシェアにご協力ください。
今後、チ・カ・ホ(札幌駅前通地下広場)のモニターで流される予定です。
https://youtu.be/b4FJp6O2ZSE

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

1/20(水)『カイ』第30号「雪氷礼賛」を発売します。

kais_030雪と氷は、北海道の暮らしに、厳しさだけでなく恩恵ももたらす。
そんなポジティブ思考で、カイVol.30冬号を発行します。

特集は、「雪氷礼賛」。
雪を楽しみ雪に親しむすべを、北大の山小屋、ナウマンゾウやマンモス、キャンドルや和紙の作品、ニセコの山をめぐる二人の物語といったキーワードで、探しに出かけました。

KAI Interviewは、日本ハムファイターズSCO(スポーツ・コミュニティ・オフィサー)の稲葉篤紀さんが登場。

食特集は「農家の生き方-北海道へのメッセージ-」。これからの北海道の農家のあり方について考えさせられます。三者三様の農との向き合い方をお読みください。

今号は、WEBマガジンへの移刊前の最後の号となります。たっぷりお楽しみください。

——-
季刊 北海道マガジン『カイ』Vol.30 2016年冬号
発売日:2016.1/20(水)
特集:「雪氷礼賛」
価格:700円(本体価格/648円)
※道外の各書店には10/25(土)以降到着の見込みです。

詳細については、「カイ」サイトの「最新号のご案内」をご覧ください。「立ち読み」していただくこともできます。

▼1/20(水月)は、札幌駅前通地下歩行空間「憩いの空間」にて、販売イベント「カイのひろば」を行います。バックナンバーも手に取ってご覧いただけます。(11:00-17:30予定)

▼ウェブストアからご予約いただくことができます
http://www.northerncross.co.jp/store/

▼季刊誌「カイ」
href=”http://kai-hokkaido.com/

ノーザンクロスが3カ月に一度発行する雑誌『カイ』は、「北海道を探しに行こう」を合言葉に、北海道在住のフリーランスの編集者たちで毎号企画を練るところからつくりあげています。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

1/25(月)-31(日)kuraché(クラシェ)2016.1「豆な暮らし」を開催します

1501_kurache01ノーザンクロスが札幌駅前通まちづくり株式会社と共催で、札幌駅前通地下歩行空間 チ・カ・ホにて、毎回テーマをもうけてマルシェ形式で開催しているイベントシリーズ「kuraché(クラシェ)」。
2016年1月は「豆な暮らし」というテーマで開催します。

今回は、北海道産の豆や、豆料理に合う器、豆をつかった食品やキャンドルといった「豆にまつわるもの」の他、「豆=小さなもの=ミニチュア」や「豆々しい手仕事」の作品も並びます。
豆から広がる素敵な世界を、遊び心と共にお届けいたします。

▼kuraché(クラシェ)2016.1「豆な暮らし」詳細
http://kurache.com/blog/?p=7243

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

1/22(金)Meeting Point 10「Creative Placemaking:みえないことを可視化すること」を開催します

赤れんが テラス5階にある「テラス計画」にて昨年からシリーズで、毎回まちづくり/アートの分野で活躍しているゲストをお招きするレクチャー「Meeting Point」。10回目は「Creative Placemaking:みえないことを可視化すること」というテーマで、菊池宏子氏(コミュニティデザイナー/アーティスト)を迎えてお話しいただきます。
モデレーターは、ノーザンクロスの酒井秀治が高橋喜代史さん(アーティスト/一般社団法人PROJECTA)とともに担当。

▼詳細・申込み
1/22(金)19:00 「Meeting Point 10「Creative Placemaking: みえないことを可視化すること」

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+